ダイビングの世界

わたしたちは日常世界から離れ非日常的な空間を体験することに、好奇心をゆすぶられ、ロマンを追い求めます。普段目にすることのできない世界はすべてが美しく、そのことに大きな感動をおぼえ、かけがえのない思い出となるでしょう。その世界をのぞいてみたくて、ひとときでも海の中という非日常空間を体験できるダイビングは、マリンスポーツの中でももっとも人気の高いスポーツです。

一般にダイビングには、空気の入ったタンクを背中に背負って海に潜る「スキューバダイビング」とタンクを使わない素潜りである「フリーダイビング」とがありますが、ここでは「スキューバダイビング」についてみていきたいと思います。そもそもスキューバ(SCUBA)とはSelf Underwater Breathing Apparatusの頭文字をとったもので、自給式水中呼吸装置という意味ですが、日本ではタンクを背負って海に潜ることをスキューバと呼んでいます。

スキューバダイビングのはじめは軍事目的とした水中調査でしたが、一般的にも徐々に広まり、今では海の定番スポーツとして世界中に定着し、愛されています。みたことのない美しい色合いの魚たちや、水中の無重力のような不思議な感覚を楽しむ、その未知なる世界をもとめて、多くの人たちはスキューバダイビングにチャレンジしてみたいと思い、実際に体験して夢中になる人も多いのではないでしょうか。スキューバダイビングは一人でできるスポーツではありますが、同じダイビングスポットを訪れた見ず知らずの人たちと同じ趣味を通じて親しくなれるということもスキューバダイビングのかけがえのない喜びのひとつとして加えることができるでしょう。